千葉の葬儀の変化

時代の変化に伴い、様々な様式も変化していくものですが、千葉の葬儀の形式も変化しています。

以前は家同士の付き合いが主になっていた為、葬儀の際付き合いのある親戚など数多くの人を呼ぶものでした。

葬儀自体一定範囲内の組合などで相互扶助をしている場合もあり、ある程度の葬儀規模は求められている面もあったのです。

ですが現在は千葉を含め全国的な少子化に伴い人同士の付き合いの範囲も狭くなってきています。

また葬儀費用は高額であり、100人位の来客がある場合僧侶も複数呼ばなければならず、費用も100万円を超えるケースが多かったのです。

亡くなる前に葬式代位は残す、そういった声をよく聞かれていたのもこの事が原因でしょう。

現代では高齢化に伴い、生活費も多く必要になり介護費用など多額の費用が必要になりました。

費用に関しても組合員になり、毎月積み立てをして割引を受ける事が出来るようにしたとしても、家族葬の方が費用は安価になるケースも多いです。

以前の子供が多かった世代と異なり、今は弔う側も少なくなってきました事も葬儀の変化に関係はあるでしょう。

宗教観の変化もありますし、今の葬儀は昔のお葬式とは異なるものになりつつあります。

費用を厳しい目線で見るようになり、価格の比較をする事も以前ならば考えられない事です。

葬儀に対するお布施などの費用は「お気持ち」と言われていますが、実際には相場も存在します。

そういったわかりにくさからの脱却が現在の価格を明確にする風潮を作り出してきているのかもしれません。