千葉は斎場も多く選択肢も多い

千葉県は人口600万人と多く、それに伴い斎場や火葬場も多くあります。

ただ多いとはいえ日々稼働していますので、空いている斎場を探すには早期予約が重要です。

火葬場は千葉県内に28か所程あり、斎場は市ごとに複数存在しています。

また同時に家族葬など葬儀自体の簡略化も一般化されてきており、さらにパッケージ料金になりました。

その為、葬儀はしっかりした形で行いたい、費用は抑えたい、その二つの需要がマッチした形になってきています。

以前の家族葬は内密にしたい、もしくはひっそり行いたい場合が多く、葬儀というと多数の来客があるものでした。

それだけ近所や親戚の付き合いを重視していたという事ですが、現在は少子化、核家族化の時代が長くなってきており、親戚も少なくなり遠くの地域に住んでいる場合も珍しくありません。

そういった来客の負担、費用負担の影響もあり、葬儀の簡略化、低コスト化が求められて現在の形になってきています。

斎場の他にメモリアルホールやルーム、セレモニールームなど家族葬など小規模のお葬式専門の会場も出てきています。

以前と比較して会場の数自体も増加していますので、選択肢はより多くなりました。

その為生前から葬儀社を決めておくなど、前もってリサーチしておく必要があります。

家族葬でしたら決める事はそう多くはありませんが、大規模な葬儀では悲しむ時間もない程の忙しさになります。

亡くなったら即関係者に連絡しなければいけませんので、連絡先一覧などは前もって作っておきましょう。